∞新しい光の世界へ∞

日々受け取るメッセージを載せていきます。一緒に光をシェアできたら嬉しいです♪

気づいたら2月も終わろうとしている

この時間の流れ、、なんて早さだ!

皆さんの体感的にはいかがでしょうか?

私はプライベートでいろいろとありまして・・・。

やっとのことで自分自身で決断したにも関わらず、目まぐるしい環境の変化に心がついていけずおたおたしていたら、そろそろ2月が終わろうとしていることに気づきました。

2月末が締め切りの案件もあること、頭ではわかっていたのですが、身体が動かないという、この人生史上初の状態になりました。

少しずつ回復してきて、先週末からやっと動き出し始めました(遅)。

 

最近、いろんな物事が大きく変わっている最中なのですが、今日は洗剤について取り上げたいと思います。

実は事故がありまして、簡単に言うと、洗剤をコップ半分くらいの量一気に飲んでしまったんですね。

飲んだ直後に強烈な吐き気と眩暈に襲われ、すぐにすべて吐き出したものの、その後1日中何も飲食する気になれず死にかけていました。

その時に、地球はこういう想いをしている、とビビビッときたんですね。

独りの時は、地球環境に優しいものを選んで生活していたのですが、近年は一緒に暮らしていた相手の価値観に合わせ、経済的な理由から合成洗剤に切り替えていたんですね。

子どものものだけは人と環境に優しいものをと、使い分けていたんです。

安くて、大量に手に入り、便利だったり、時間短縮だったり、そういったものを選択基準にしてきました。

 

霊的にも、自分が出したものは自分や自分の大切な存在に還ってくるといいます。

物質的にも、そうなんですよね。

自分が出したものは、循環して自分に還ってくる。

すぐに目に見える形で還ってこないので、自覚しにくいことですが、ちょっと想像力を働かせるとわかることですね。

この地球上では、自分たちが出したものがまた入ってくる、すべてが循環しています。

地球の浄化が、自然では追い付かなくなっています。

ひとりひとりの意識が、現実世界を変えていく。

ひとりの意識は無力で小さいものではありません。

戦争や平和について、動物虐待や、環境汚染など、この世界で起こっているすべてのことについて、ひとりひとりの意識が絡まり合って、この地球の現実を創り出しています。

だから、自分ひとりが変わったところで何の意味があるのか、というのは間違った考えです。

 

私は今すぐに自分の選ぶ物を見極めたいと、今回のことで強く思い知らされました。

人間が誤って口にしてしまったとしても、そこまで害がないできるだけ自然に近いものを選んでいきたい。

 

経済的なことを判断基準にして人や物事を選んで、豊かになる時代は終焉を迎えました。

本当の豊かさに目醒める時代がやってきました。

 

無理してすることではないと思います。

自分はどうすることを望んでいるのか、心の声をきいて選んでいきましょう。

私も自分の心が正しいとかんじることをしっかり受け取り、できる範囲からどんどん変えていきます。

 

革や毛皮製品は、なるべく人工のものを選ぶようになりました。

お食事の時には、子どもたちと一緒に手を合わせて感謝していただいています。

鶏さん、豚さん、牛さん、人間の食料として増やされ、自然ではない方法で飼育され、またその痛みや苦しみに配慮することなく処分されている動物さんたちもいるという現実もあります。

私にできることは限られていますが、どんなに辛くても、闇の部分から目を背けることなく、まずは知ること、それから自分にできることをしていくことを心がけています。

 

洗剤類、以前から使っていたものもありますが、わたしが完全に切り替えた商品をご紹介します。

シャンプーやリンスは、子どもたちが使っていた赤ちゃんも使える無添加のものを、私も使い始めました。

f:id:uoyou111:20210224142553j:plain

f:id:uoyou111:20210224142638j:plain

水が原料。オールマイティーに使えます。主にお風呂やトイレや拭き掃除に使っています。

f:id:uoyou111:20210224142804j:plain

食器の汚れ落ちが気になるものだけ、こちらを使っています。

f:id:uoyou111:20210224142900j:plain

f:id:uoyou111:20210224142952j:plain

40度くらいのお湯を使うと匂いや汚れがよく落ちます。

f:id:uoyou111:20210224143357j:plain

使用料を少なめにして、クエン酸を少し加えて使用しています。

 地球さん、今までごめんなさい。

そして不可抗力で汚染されたものを口にしている赤ちゃんや子どもたち、後進国の人たち、動物さんたち、お魚さんたち、ごめんなさい。

これからは、もっともっと自分と地球を大事に愛していきます。

それがこの世界のすべてを愛することにも繋がるのだから、喜んで実践していきますね。

とっても大切なことを教えてくれてありがとう。